こんにちは、遠藤です。

今日もこのブログに来ていただき、ありがとうございます。

前回、9月の平均体重は8月に比べて500g痩せたという記事を書かせていただきました。

DHCのプロテインダイエットを週に3〜4日昼食を置き換えたのですが、置き換えて1ヶ月たった10月からが本当の勝負でしょう。




↑置き換えダイエットの今度はスープパスタとか行ってみようかな。

あくまでも検証のつもりなので、いつまで続けるかわかりませんが、10月一杯は少なくとも続けようと思います。軽くなるし、おいしいし、安いし、悪いことないので、もっとしばらく続けるかもしれません。

そしたらもはやダイエットでなく、日常ですね。

さて、本題です。

14446191_874905162610056_8488144589434959291_n.jpg

別腹(べつばら)って言いますよね。

「甘いものは別腹〜。」って、よく言うと思います。(言わないか!)

タダの食いしん坊なだけじゃん?

いえいえ、この別腹、本当にあるって知ってます?

もうお腹いっぱいになっていても、好きな甘いもの(甘いものとは限らないらしい)を見ると、胃にスペースができるんです。

だから人間ていうのは、ある意味限界以上に食べることができるんですよ。

体って上手く出来てますね〜って、感心してる場合ではありませんね。

そんな別腹があるばかりに、カツ丼大盛り食べたあとにアイスが食べられたおかげで、メタボからの脱却がまた困難になるわけですから。

これを避ける方法はただ一つ、「甘いものを見ない。」ということしかないようです。

しばしの間で結構です。

えっ?なにそれ、いつかは見て良いってこと?

はい、そうです。どうせ食べるならです。

どうせ食べるなら食後のデザートとしてではなく、3時のおやつとして食べましょう!ということです。

これ、実験データもあります。

同じ条件で同じ物を食べる場合、食後のデザートとして食べるよりも少し時間を空けて食べたほうが、血糖値の上昇が少ないんです。

緩やかとかでなくて、少ないんです。

私の経験ですが、そう思ってラーメン食べてお店を出てからちょっと遠くにある31アイスを食べに行ったら車が何台か並んでいて、待っているうちに、

「別にアイス食べなくてもいいかなぁ〜。」

ということで、アイスを諦めて帰ってきちゃったことがあります。

時間が経つと、「アイス食べたい!」の熱が冷めてくるんですね。

結局、その日一日アイスを食べなかった私は、無駄な血糖値の上昇と無駄な脂肪による攻撃から身を守ることができました。

こういうメリットもありますね。

一応、述べておきますが、一番ダメなのは、しっかり食後のデザートまで食べてさらに、3時におやつを食べることです。

ダイエットしようとしている人がこれやったら、アウトです。

別腹は、あなたを地獄に誘う罠だと認識せよ。


以上、遠藤でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

クリックお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

私、遠藤はここにいます。
神奈川県鎌倉市「西鎌倉カイロプラクティックセンター・整体院」

おいしい、すこやか、しあわせ「アポロライフデザイン楽天市場店」

健康セミナーなど受け付けております。お気軽にご連絡ください。