仕事をしていて午後の3時とか夕方になると小腹がすくという人、意外と多いみたいですね。

仕事の能率アップや集中力をキープするために、ちょっとしたものを口に入れたいものです。

どんなものを口に入れるかで、太る人と太らない人の境界線が設定されるのです。

太ってる人は、胃が満たされることを求めます。

だから、普段から見ててご覧なさい。太ってる人は、お腹に貯まりそうなもの食べることが多いですから。

ということは、今回のお題のおやつですが、スナック菓子の類をボリボリ食べるのが太る人なんです。

一方太らない人というのは、スマートにナッツを数粒、口に入れます。

新規画像_223.jpg

基本的にあまり甘いもの例えばアーモンドチョコレートにしても、それらを何個も口に入れることはしません。

これには血糖値パラドックスが絡んでいて、太らない人は血糖値パラドックスを自然に遠ざけているんです。

血糖値パラドックスとは・・・甘いものを急激に摂取すると、急激に血糖値は上昇します。

ここまでは誰でも想像できますね。

問題は、次の瞬間です。

必要以上に上昇しすぎてしまった血糖を体は一気に排出させるため、逆に血糖値は下がってしまうという現象が起きます。

すると、さっきまで甘いものを食べて天国のような幸せの絶頂にいた人が血糖が下がることで、イライラしたり、頭痛になったり、集中力を欠いたりすることになり、天国から一気に地獄に落ちたかのような精神状態になるのです。

これが血糖値パラドックスです。ちなみに、カルシウムでも同じ現象が起きるんです。カルシウムパラドックスといいます。

すると、体はまたもや仕事中にも関わらず、甘いものを欲してしまいます。

で、また食べる・・・。

だから太るんです。

では太らない人がスマートに口に入れる、ナッツというのは?

ナッツでも、大量に食べればそれはカロリーオーバーで太る原因になりますよ。

しかし、1日数粒程度で良質の栄養がとれるので、仕事の邪魔にはならないし、もちろん太る心配もありません。

ナッツには、不飽和脂肪酸が含まれているものが多いです。

よく知られるところでは、クルミやアーモンド、マカダミアナッツにカシューナッツ、ピスタチオにピーナッツ。

余談ですがピーナッツは厳密にはナッツではありません。ナッツは種実と言いますが、ピーナッツは豆です。

で、そのいい不飽和脂肪酸に加えてミネラルやビタミン、食物繊維もがしっかりと取れるナッツは、まさにスーパーフードと言っていいでしょう。

と、ネットで調べると上記に書いたようなよく知られているナッツが出てきますが、私はもう一つこれぞ!というナッツを紹介したいと思います。

昨今、みなさんが気にするオメガ3、いわゆる血液サラサラがウリのこれも不飽和脂肪酸のαリノレン酸ですが、これがテレビの健康番組などでは「クルミにたくさん含まれてますよ〜」的に言われています。

私はこれに『ちょっとまったー!』と声を上げたいのです。

おやつのMIXナッツに加えて欲しいのが、『サチャインチナッツ』です。

imgrc0068289492.jpg

オメガ3はクルミのなんと3倍近く含まれているんです。

muen1.jpg

テレビのお医者さん、オメガ3を摂りましょうと言うなら、サチャインチナッツを教えて欲しいものです。

というわけで、太らない人はおやつにはスマートにナッツを食べるのでした。みなさんのオヤツには、ぜひ、サチャインチナッツを加えてください。

太らないだけじゃない。デキる人もスマートにナッツを食べている。


以上、遠藤でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

クリックお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

私、遠藤はここにいます。
神奈川県鎌倉市「西鎌倉カイロプラクティックセンター・整体院」

おいしい、すこやか、しあわせ「アポロライフデザイン楽天市場店」

健康増進クレニオセラピー協会

健康セミナーなど受け付けております。お気軽にご連絡ください。